ご挨拶

現代は、輸送・通信技術の高度化・高速化に伴って、様々な異国間の文化交流や技術交流が可能な時代と言えます。この影響は、個人の日常生活においても、莫大な情報量を瞬時にして得られる利便性を与えましたが、それ故にグローバルな世界経済においては実態なき不安定性が危機を増長させる危険性をはらんでいると言えます。企業においても、ビジネスの世界は「マス・マーケットからプレシジョン・マーケット」の時代へと、大きく舵取りを迫られていますが、企業成長の基本は常に「品質・スピード・低価格」であると言えます。

 

BSGKは、この激変するビジネス社会の付加価値を追及した新たな視点での「誰よりも正確に、速く、且つ安く」をモットーとし、世界古今東西の(よろず)の文化を、よろずので伝えて、互いにびあい、国際異文化交流のとすることを事業理念としております。

 

BSGKでは、特許技術関連業務の翻訳事業をはじめ、特許・商標の出願・調査業務、知的財産保護業務、事業開拓コンサルティング業務等、諸々の業務をサポートしております。これらの業務を通して、お客様の海外事業展開のパートナーとして、お客様の事業の発展に貢献させていただく事がBSGKの願いであります。これらを可能とするべく、世界各国の優れた弁護士・弁理士・技術者・及び企業の海外進出経験者等、広範囲なエキスパートと常日頃から連携を保ち、常に必要な協働体制を維持確保しております。

 

BSGK私達の信条は「顧客第一」、「守秘義務」を遵守し「磨くに磨く」精神を以って、日本国内外のお客様のご期待に応えるべく、高い品質のサービスをご提供させて頂くことに全力を傾注致します。世界経済の発展に、お客様と共に貢献できることを心より願っております。

 

取締役社長   劉 芝英

 

最新Topix

2018/07/20

エアコンのない学生、点数低い

 

米国ハーバード大学の公衆保険研究チームが国際学術誌である「Plosメディソン」に掲載した「エアコンのない建物の住居者の猛暑期間中の認知能力低下」によると、猛暑は認知能力にも影響を及ぼすという。

 

猛暑は、子供と老人、成人の健康に悪影響を与えると共に、頭脳活動にも影響を及ぼすので、適切な温度管理が必要である。

 

既存の研究では、老人のように猛暑に脆弱な者を対象としたので、猛暑が一般的に健康人にはあまり影響がないという認識を作り出していたが、今度の研究では、過去の研究対象ではなかった全ての人が危険であり、認知能力も低下させるという事実が数字として立証されている。

 

 

参考サイト☟

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=021&aid=0002359243

NEW
2018/07/20

(韓)真空ダイキャストの特許出願、中小企業がリード

 

真空ダイキャスト技術は、2012年核心根元技術に選定された後、中小企業が特許出願をリードしながら

高品質の自動車及びIT部品を生産できる先端技術として、大きく脚光を浴びている。

 

ダイキャスト技術は、金型に溶融金属を圧入して、精密な製品を生産できる鋳造技術として、仕上げ工程が

省略可能であり、機械的な性質の優れた製品を大量生産できる製造業の核心基板技術である。

 

真空ダイキャスト技術は、鋳造品の内部の技工欠陥をアクティブに制御できることで、既存鋳造品と違って

溶接と熱処理が可能であり、特性向上及び製品適用範囲の拡大が期待される技術である。

 

今後、自動車及びIT部品製造に適用可能であり、高精密・高付加価値製品に対する需要の増加が予測される

技術である。

 

 

用語解釈:

根元技術:

韓国内外の市場で占めている技術的・経済的価値が高いか、又は韓国内の主力産業及び新成長動力の産業に

及ぼす波及効果が高いので、国家産業の維持・発展のため、政府の支援が必要な技術として指定されている技術。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d5c73cd7dd41744394a25a8733db774b3a.www?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=16999

NEW
2018/07/20

韓―仏、科学技術連携

 

韓―仏科学技術共同委員会は1981年両国の間で締結された科学技術協力協定に基づき隔年単位で、交代で運営されてきている。

 

6日開かれた第7回韓―仏科学技術共同委員会では、

韓国とフランスは人工知能及び季候技術などの科学技術の面で連携することにしている。

 

また、韓国科学技術院(KAIST)とフランス国立工芸院(CNAM)は、コンテンツ技術協力のために共同研究室の設立を進めると決めている。

 

また、気候変化の対応のための共同ビジョンを共有し、この分野での科学技術の協力の必要に共感し、追加の論議を通して、今年の10月に業務協約(MoU)を結ぶことにしている。

-----等々。

 

参考サイト☟

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=031&aid=0000453193

NEW
2018/07/19

睡眠中、身体から起きる現象8

 

睡眠は、生涯30%を占めるぐらい、高い比率を占めている。

良い睡眠をとることによって生活の質が保たれる。

では、睡眠中には、どのようなことが身体に起きているのか。

 

1.体温が低くなる-

--部屋の温度が高いと熟睡できない理由の一つ。

2.眼球が動く

--体は寝ていても脳が活動している睡眠段階、夢もこの時に現れる。

3.頭脳が活動する

---記憶を固め、認知機能を維持する等の役割

4.血圧が低くなる

----心血管機能も休みを取る。熟睡できないと高血圧になりやすい。

5.消化機能が低下する

   ---睡眠前に食事をとると太る理由の一つ。

6.筋肉が作られる

------成長ホルモンは睡眠中血流に放出され、丈夫な体が作られる。

7.髪の毛が伸びる

----睡眠中毛の成長が促進される。

8.腎臓機能が低下する

   ----濾過機能が低くなる。朝一の尿が濃い理由。

 

参考サイト☟

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=296&aid=0000036630&date=20180705&type=1&rankingSeq=6&rankingSectionId=103

NEW
2018/07/19

(韓)下半期の広告、上半期よりも増加、昨年よりは減少

 

韓国の下半期の広告市場は、上半期よりは少し増えると予測されている。

しかし、これは昨年よりは減少している。

 

韓国放送広告振興公社が発表した「広告景気見通し指数(KAI)」によると、今年下半期の総合KAI105.3である。

この数値は、100を超えると広告費が増えるということであり、100より少ないと広告費が減るということを意味する。

 

上半期のKAIと異なって、昨年同期に比べて総合KAI99.3で、多少減っている。

 

参考サイト☟

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=092&aid=0002140843

NEW
2018/07/17

人をバカにさせる悪い習慣5つ

 

脳機能を守り、常に知力を高い状態に維持させるために、捨てなければならない習慣5つを紹介する。

1.運動をしないこと

2.甘い物をよく食べること

3.マルチタスキングをすること(複数の作業を同時にすることによって、集中力・仕事の効率・知能が落ちる)

4.睡眠を充分にとらないこと

5.酷いストレスを解消できていないこと

 

参考サイト☟

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=103&oid=296&aid=0000036611

NEW
2018/07/17

(韓国)特許、電子出願、さらに容易になる

―明細書作成はワードで、提出データの変換はネットで

 

(韓)特許(実用新案、意匠を含むの電子出願は専用S/Wを使用しなくても、ネット上で容易に出願できるよう

になる。

 

今までは、多くの特許出願は98.7%が電子出願で出願されているが、そのためには、必ず特許庁が提供する

「出願明細書作成S/W」設置しなければならず、その使用法の熟知には相当の時間を要すると言うところで、

多くの不便があった。

 

今回特許庁が提供する新しいXML変換ウェブサービスは、アレハングル(HWP)やワード(Word)で保存

した明細書データをそのまま電子出願できるというところで便利である。

 

参考サイト☟

 

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=16997

NEW
2018/07/17

(欧州報告書)「AI米・中のお祭り―ヨーロッパ及び韓国は圏外」

 

最近人工知能(AI)産業をめぐる一番熱い話題は、米国と中国との競争である。

欧州のマスコミは、AI領域において欧州の米国及び中国とのレベル差は大きく、受動的に導かれている状態だと指摘している。

 

ドイツAIベンチャー投資ファンドのアスガルド(Asgard)によると、

世界的に約3,600AIスタートアップが活動しているが、その内、米国企業はその40%、中国は11%、その次がイスラエル10%を占めており、

 ヨーロッパの全ての国家のAIスタートアップの数を合わせても、米国の数に及ばず、

欧州は、比較的に大手IT企業の不在が、AI産業不振の理由だという。

 

今年、欧州の多数の国家と機関では、AIに多くの資金を投入し、

また、AI連盟を設立し、年末にはそれに関する規則の草案も備えるとのこと。

 

参考サイト☟

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=092&aid=0002140538

NEW
2018/07/13

の概念

 

0とは何か?研究によると、人間の文化・歴史・心理学及び動物の学習において、0の概念を理解するには4つの段階がある。

 

(1段階)何かがないことを0として理解すること。

(2段階)「何もないこと(Nothing)」と「何かあること(Something)」との対照としての理解。

(3段階)数字を知り、正数を並べる時に、0が一番前におくこと。

(4段階)「1-1=0」のように、現代の数学及び計算における記号としての使用

 

人類が0を完全に理解し、活用するまでには数世紀がかかったように、幼児も0という数字を理解するにはある程度の期間がかかる。

 

興味深いのは、鸚鵡と猿に次いで蜜蜂も0を理解していることが実験によって証明されている。これは、脳の大きさと複雑さが知能特に数値能力を完全に決めているわけでもないことを表している。今後の人工知能の開発に大いに役立つものと期待されている。

 

参考サイト☟

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=584&aid=0000001046

NEW
2018/07/11

鋼より強い蜘蛛の巣の引張力の秘密を解き明かす

 

日本の研究チームは、鋼よりも何倍も強いという蜘蛛の巣の優れた引張力を決定させるタンパク質の構造を明らかにした。

 

蜘蛛の巣の引張力は鋼よりも強いと共に弾力性が良い。このため、各国の研究者らは、蜘蛛の巣の特性を応用した人工物質を開発するために努力してきたが、今までこれといった結果がなく、また、蜘蛛の巣のタンパク質のβ屏風構造が引張力の核心ということは、様々な研究において確認されてはいたものの、この構造がどのように形成されるかについては究明されず、蜘蛛の巣の特徴を有する人工物質の開発には進展はなかった。

 

今回、研究チームは、ポリプロリンⅡ型の螺旋が、蜘蛛の巣の引張力を強化するのに大きな役割を果たすということが確認できている。

 

蜘蛛の巣はとても強力であるが、有害物質がなく、生分解性も高いため、環境に優しい素晴らしい物質であり、今後産業分野での応用が大いに期待される。

 

参考サイト☟

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=001&aid=0010117807

NEW

 

 

萬聲学館の業務体制

萬聲学館の業務体制 萬:リーズナブルな価格の特許翻訳と、 独自の「翻訳チェックサービス」 聲:生徒が講師を選べる会話レッスン目的別・レベル別の講座が充実 館:日・中・韓を中心に、アジアの国際文化交流のお手伝い。 学:御社の海外事業をサポート業務代行と優秀な現地通訳の派遣


 
BSGK萬聲学館
業務内容
  • 翻訳
  • 特許翻訳
  • 特許調査
  • 教室:中国語、韓国語、日本語、英語
本社所在地
〒167-0022  東京都杉並区下井草3-29-10
TEL 03-6915-0327  FAX 03-6915-0329