ご挨拶

現代は、輸送・通信技術の高度化・高速化に伴って、様々な異国間の文化交流や技術交流が可能な時代と言えます。この影響は、個人の日常生活においても、莫大な情報量を瞬時にして得られる利便性を与えましたが、それ故にグローバルな世界経済においては実態なき不安定性が危機を増長させる危険性をはらんでいると言えます。企業においても、ビジネスの世界は「マス・マーケットからプレシジョン・マーケット」の時代へと、大きく舵取りを迫られていますが、企業成長の基本は常に「品質・スピード・低価格」であると言えます。

 

BSGKは、この激変するビジネス社会の付加価値を追及した新たな視点での「誰よりも正確に、速く、且つ安く」をモットーとし、世界古今東西の(よろず)の文化を、よろずので伝えて、互いにびあい、国際異文化交流のとすることを事業理念としております。

 

BSGKでは、特許技術関連業務の翻訳事業をはじめ、特許・商標の出願・調査業務、知的財産保護業務、事業開拓コンサルティング業務等、諸々の業務をサポートしております。これらの業務を通して、お客様の海外事業展開のパートナーとして、お客様の事業の発展に貢献させていただく事がBSGKの願いであります。これらを可能とするべく、世界各国の優れた弁護士・弁理士・技術者・及び企業の海外進出経験者等、広範囲なエキスパートと常日頃から連携を保ち、常に必要な協働体制を維持確保しております。

 

BSGK私達の信条は「顧客第一」、「守秘義務」を遵守し「磨くに磨く」精神を以って、日本国内外のお客様のご期待に応えるべく、高い品質のサービスをご提供させて頂くことに全力を傾注致します。世界経済の発展に、お客様と共に貢献できることを心より願っております。

 

取締役社長   劉 芝英

 

最新Topix

2020/06/29 テレワーク実施中

電話対応できなくなる場合があります。メールでは随時に対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせ、ご指示のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
2020/10/21

(知財通信)

(韓)特許・商標出願、歴代最高値更新中

 

韓国特許庁によると、今年第3四半期までの特許と商標出願は、前年度の同期に比べて9.4%増、同一

期間を基準に歴代最高値を更新している。

特許出願の場合、バイオ技術が33.5%で一番高い増加率を示し、高分子化学(26.6%)と医療技術

23.5%増加)もまた高い上昇を示しながら、医療と衛生分野に対する高い興味が反映されている。

商標もまた医療用機器が含まれた分類が66.2%で一番高い増加率を示すと共に、医薬品が含まれた分

類(45.0%増加)もまた大幅上昇している。

 

参考サイト☟

https://www.kipo.go.kr/kpo/BoardApp/UnewPress1App?a=&board_id=press&cp=&pg=&npp=&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=18489

NEW
2020/10/20

(知財通信・訴訟)

フィリップス照明系列社の特許侵害品に異例な販売禁止、破壊命令

 

世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーの「ソウル半導体」は、今年9月に米国でフィリップスTVサイネージ販売禁止訴訟の勝訴を得たが、それに続いてドイツのデュッセルドルフ地方裁判所は、欧州LED照明の流通企業であるLeuchtstark Vertriebs GmbH社が流通したフィリップス照明ブランドの子会社LED電球製品に対して即時販売禁止に加えて、201710月から販売された製品を回収してすべて破壊するようにとの異例な判決を下した。

 

フィリップスブランド関連製造企業の製品はこれまでにソウル半導体の特許侵害で3回の侵害及び販売禁止、1回の侵害品回収及び破壊命令の判決を受けた。

特に特許訴訟での製品回収、製品破壊の同時判決は異例であり、ソウル半導体が優れた光効率の第2世代LED技術を先導してきた立場を確固たるものとする結果になった。

 

参考サイト☟

https://jp.acrofan.com/detail.php?number=87038

NEW
2020/10/19 (知財通信・訴訟)

シャープ、独ダイムラーと和解

-特許ライセンス契約を締結

 

*ダイムラー、ドイツ国内での自動車販売の差し止め回避へ

*ノキアもライセンス取得を求めた提訴でダイムラーに勝訴


  シャープは7日、ドイツの自動車メーカー、ダイムラーとモバイル技術の特許についてライセンス契約を締結したと発表。

  発表によると、ダイムラーはシャープが持つ高速携帯通信規格「LTE」を含む無線通信関連規格必須特許のライセンス契約を締結した。ダイムラーの自動車製品の大多数に関連して、シャープと部品サプライヤーとの間で既に結んでいるライセンス契約を補完するものになるとしている。

  

  ダイムラーは、フィンランドのノキアが同様にライセンス取得を求めた提訴でも敗訴している。

 

  ミュンヘンの裁判所は9月10日、ダイムラーが無断でシャープの技術を使用していたと認め、判決執行の条件となる担保金を550万ユーロ(約6億9000万円)に決めた。これはノキアに示した70億ユーロを大きく下回る。ドイツの法律では上訴が行われた場合、勝訴した側が担保を納めない限り判決は施行されない。

 

参考サイト☟

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-07/QHT8QRDWX2QD01

NEW
2020/10/19 (知財通信・商標)

PS5」インドで販売できない? 

「個人が商標登録」報道、サイトに発売日掲載なし

 

  ゲーム機「プレイステーション5(以下、PS5)」の発売は20201112、世界各国で、PS5の予約注文が行われている。   そんな中、海外サイト「androidcentral」の2020106日付け報道によると、インドで「PS5」の発売が危ぶまれているという。

 

同報道によると、ソニーがインドで「PS5」の商標出願をする3か月前の20191029日、すでに商標登録済だったことが判明。登録者はデリー出身の「Hitesh Aswani」なる人物という。「PS5」の商標を巡って現在インドで争われている最中で、これが原因でPS5のインドでのリリースが難航しているという。

 

 仮に報道が事実だとすると、人口135000万人の巨大市場インドで、「PS5」の名称で販売できない恐れがある。「androidcentral」は、ソニーがPS5の商標を手に入れる必要があるが、失敗すれば面倒なことになると指摘している。

 

参考サイト☟

https://www.j-cast.com/trend/2020/10/09396330.html

NEW
2020/10/16

(知財通信)

モデルナ、コロナワクチン特許行使せず

---宣言-パンデミック終息まで

 

 

モデルナは8日、新型コロナウイルスのパンデミックの期間はコロナワクチンに関連する特許権を行使しない方針だと表明。

  

モデルナはコロナワクチン開発で先行している企業の1社。

モデルナはメッセンジャーRNA(mRNA)という技術で知られている。

現在、大手のファイザーを含むさまざまな企業や研究者がこの技術に基づくワクチンの開発を進めているところ。

 

参考サイト☟

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-08/QHW319DWX2Q101

NEW
2020/10/16

(知財通信)

(韓)国民が選んだ有望な知的財産創業企業10

-----最優秀賞に「Prinker Korea」、優秀賞に「EDENLUX」など、褒賞金1,300万ウォン、「挑戦!K-スタートアップ2020」への統合出場権を付与-------


 韓国特許庁は、韓国発明振興会、信用保証基金とともに107日の午後2時、韓国知識財産センターで「第1回知的財産スタートアップコンテスト」の授賞式を開催し、「有望な知的財産創業企業10社」に対する選定結果を発表。 

当日、最優秀賞と優秀賞は、「消えるタトゥーソリューションPrinker」を発売した「Prinker Korea」と「目の水晶体訓練機器OTUS」を発売した「EDENLUX」に与えられた。 

その他、韓国発明振興会長賞(3件)と信用保証基金理事長賞(3件)が与えられる奨励賞には、「Sherpa Space(植物向け光調整ソリューション)」、「INTOSEE(透視ディスプレイドア)」、「THALLOS(リアルタイムで運転者状態が分析できる緊急コールシステム)」、「WellsCare(スマートIOTを用いた痛みの治療プラットフォーム:エピオン)」、「ABI(感染症の迅速診断に向けた分子診断POCTシステム)」、「未来メディカル(歩行時の足圧を軽減する半ギブス:エムギブス)」が選ばれた。

 

参考サイト☟

https://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/ip/ipnews/2020/201007.html


NEW
2020/10/15

(知財通信)

特許庁の行政手続き、全てデジタル申請可能に

 

特許庁は2日、800種類ある特許や商標に関する手続きを全てオンラインで申請可能にすると発表。

特許庁は1990年に特許の電子申請の受け付けを始め、韓国や欧米が後に追随した。現在、年間約310万件の申請のうち約9割にあたる約275万件はすでにオンライン化している。

 

それでも手続きの数でみると全800種類のうち500種類は電子申請できない。特許権の所有者の変更など、なりすましがあると重大な影響が生じる場合を含む。厳格な本人確認が必要なため電子化が遅れていた。

電子申請の方法と移行時期は年内に詰める。電子証明などを活用した本人確認や、当局間のデータ共有による証明書の提出の省略などが可能か検討する。

 

参考サイト☟

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64574140S0A001C2EA4000/

NEW
2020/10/15

(知財通信・著作権)

平等院、ジグソーパズル販売会社と和解 

 

 世界遺産平等院京都府宇治市)の鳳凰(ほうおう)堂の写真を使ったジグソーパズルを無断で販売したとして、平等院が玩具会社「やのまん」に販売停止などを求めた訴訟が12日、京都地裁(村木洋二裁判官)で和解した。

 

 平等院は、月夜に浮かぶ鳳凰堂の写真を使った300ピースのパズルを販売したやのまんに対し「拝観のパンフレットで、境内で撮った写真の営利目的使用を禁止すると記しているのに無断で使われ、社会的評価が低下した」と主張。2019年、やのまんに販売停止などを求めて提訴。鳳凰堂の図像は10円硬貨などに使われている。契約した写真家から提供された画像を使ったやのまん側は「(図像は)共有財産で、社会的評価は損ねない」などと反論。

 

 平等院によると、和解内容は、やのまん側が在庫328個を廃棄し、今後、同意なしに平等院の写真を使った製品を販売しないと約束。平等院側が廃棄費用約17万円を負担するという。

 

参考サイト☟

https://www.asahi.com/articles/ASNBD6583NBDPLZB00R.html

NEW
2020/10/14

(知財通信・模造防止)

Nintendo Switch改造キットを開発・販売していたハッカーチームの首謀者が逮捕

 

 

Nintendo Switch上で違法コピーゲームを遊べるようにするMODチップ(改造キット)を開発および販売していたハッカー集団のメンバーらが逮捕されている。

 

報道によると「世界で最も悪名高いビデオゲーム海賊団体の1つ」とされるTeam-Xecuter(別名TXの首謀者とされる2人。

 

TXは「ユーザーが海賊版ROMをプレイすることを可能にするための回避装置として設計された」様々な製品を設計し、販売していたとのこと。同メンバーらは改造キットがあくまで自作ソフトを動かすためのツールとして「著作権侵害」グループであることを否定し、任天堂の検閲、独占的支配、法的恐怖戦術を非難していましたが、主張は認められなかった模様。

 

TXのメンバーを捕えたのは国際的な捜査網。

参考サイト☟

https://japanese.engadget.com/nintendoswitch-modchip-arrested-213050998.html

NEW

 

 

萬聲学館の業務体制

萬聲学館の業務体制 萬:リーズナブルな価格の特許翻訳と、 独自の「翻訳チェックサービス」 聲:生徒が講師を選べる会話レッスン目的別・レベル別の講座が充実 館:日・中・韓を中心に、アジアの国際文化交流のお手伝い。 学:御社の海外事業をサポート業務代行と優秀な現地通訳の派遣


 
BSGK萬聲学館
業務内容
  • 翻訳
  • 特許翻訳
  • 特許調査
  • 教室:中国語、韓国語、日本語、英語
本社所在地
〒167-0022  東京都杉並区下井草3-29-10
TEL 03-6915-0327  FAX 03-6915-0329