ご挨拶

現代は、輸送・通信技術の高度化・高速化に伴って、様々な異国間の文化交流や技術交流が可能な時代と言えます。この影響は、個人の日常生活においても、莫大な情報量を瞬時にして得られる利便性を与えましたが、それ故にグローバルな世界経済においては実態なき不安定性が危機を増長させる危険性をはらんでいると言えます。企業においても、ビジネスの世界は「マス・マーケットからプレシジョン・マーケット」の時代へと、大きく舵取りを迫られていますが、企業成長の基本は常に「品質・スピード・低価格」であると言えます。

 

BSGKは、この激変するビジネス社会の付加価値を追及した新たな視点での「誰よりも正確に、速く、且つ安く」をモットーとし、世界古今東西の(よろず)の文化を、よろずので伝えて、互いにびあい、国際異文化交流のとすることを事業理念としております。

 

BSGKでは、特許技術関連業務の翻訳事業をはじめ、特許・商標の出願・調査業務、知的財産保護業務、事業開拓コンサルティング業務等、諸々の業務をサポートしております。これらの業務を通して、お客様の海外事業展開のパートナーとして、お客様の事業の発展に貢献させていただく事がBSGKの願いであります。これらを可能とするべく、世界各国の優れた弁護士・弁理士・技術者・及び企業の海外進出経験者等、広範囲なエキスパートと常日頃から連携を保ち、常に必要な協働体制を維持確保しております。

 

BSGK私達の信条は「顧客第一」、「守秘義務」を遵守し「磨くに磨く」精神を以って、日本国内外のお客様のご期待に応えるべく、高い品質のサービスをご提供させて頂くことに全力を傾注致します。世界経済の発展に、お客様と共に貢献できることを心より願っております。

 

取締役社長   劉 芝英

 

最新Topix

2018/08/09

水素充填装置に関する特許出願増加


水素車は、充填された水素を大気中の酸素と反応させて作られるエネルギーにより駆動されるので、排出

ガスがなく、大気から空気を受け入れる過程で汚染物質をフィルタリングして、大気を浄化する機能まで

するので、環境にやさしい。

 

韓国特許庁によると、

水素充填装置に関する韓国内の特許出願件数は、20122014年の出願に比べて、20152017年の出願が

126%程度増加している。

 

内外国人としては、外国人の出願は56%、内国人の出願は44%である。

 

技術としては、設備簡素化及び効率化によるコスト削減技術が64%、安全と耐久性に関する技術がそれぞれ

15%と8%となる。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d675e14b085881439eb892f71d4ccd6120.www2?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17048

 

NEW
2018/08/06

(韓)注射よりも安全な「ナノマイクロDNAニードルパッチ常用化

 

世界初で、DNAを素材として皮膚内に有効な薬物を伝える「ナノマイクロDNAニードルパッチ(Needle patch)技術」が常用化されることになる。


この技術は、微細サイズのDNA針を皮膚に付着して有効薬物が伝わるようにする方式である。


皮膚に薬物を伝達する方法であるため、既存注射剤の方式に比べて痛みがなく、安全であるということがその特徴である。

 

参考サイト☟

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=016&aid=0001424055

NEW
2018/08/06

半導体の原料、ウエハーの出荷量、再び史上最高更新

 

半導体の原料であるシリコンウエハーの出荷量は、昨年第4四半期に続き、今年1四半期にもまた最高記録を更新している。

 

シリコンウエハーとは、パソコンと通信製品、消費家電に搭載される半導体基板の核心素材であり、ほとんどの全ての電気機器の核心要素である。

 

国際半導体装備材料協会(SEMI)によると、第1四半期のグローバルシリコンウエハーの面積出荷量は、316千万平方インチであるという。これは昨年の同期間に比べて6.1%増加し、また昨年の第4四半期に比べて2.5%成長している。

 

参考サイト☟

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=092&aid=0002142804

NEW
2018/08/06

生体認識技術の特許出願急増

 

(韓国特許庁によると)全世界の生体認識市場の成長は、201632.4億ドルから年平均20.8%成長し、2023

には122.2億ドルになるものと予測している。

 

最近5年間のPCT出願データから見ると、生体情報としては、指紋が28.4%で一番多く、続いて虹彩22.7%、

18.3%、静脈1.04%、音声8.4%である。

 

活用分野としては、モバイル・ウェアラブル分野が22.9%で一番多く、続いてヘルスケア17.6%、支払い決済

13.8%、出入り統制11.7%である。

 

出願人の国籍としては、米国が51.8%で圧倒的に多く、その次に日本11.9%、韓国8.5%、中国6.3%であった。

 

生体認識技術を活用した国際出願が急増している傾向であり、全世界の生体認識市場は、今後も成長し続け

るだろう。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d6d190132907084d47aa4d813f3cd1a198.www2?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17051

NEW
2018/08/02

特許実施料の平均は、売上高の4.75

 

韓国では、他の企業の特許を使用する場合、その対価として売上高の4.75を支払うのが平均値となって

いる。これは7.04%である米国の調査結果よりは低く、3.7%である日本よりは高い数値である。

 

 

実施契約は、一つの特許のみを対象とした場合が一般的である。

 

実施契約の半分程度は、制限事項、紛争条項などの特約事項を含んでいる。

 

―特許権者は地域・活用分野などを制限し、実施権者の範囲を調節し、無効審判の提議禁止条項などを

契約に入れて、事前に紛争を防止している。

 

実施権者もまた紛争防止のために、特許件の有効性の保障、特許技術の性能保障、第3者の特許非侵害の

保障などを要求している。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d6125c8243b9a1483a9d46a47fea194bf5.www2?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17046

2018/08/02

KIST研究チーム、中低温の燃料電池の性能2倍

 

中低温の燃料電池の性能を2倍程度引き上げられる製造方法が開発されている。

 

韓国科学技術研究院(KIST)は、中低温で作動するプロトンセラミックス燃料電池(PCFC)の性能を極大にする方法として、電解質の薄膜化を効果的、かつ安定的に導くことができる製造方法を開発するのに成功している。

 

中低温の燃料電池の開発は、今後燃料電池がエネルギー、システム分野で成功的に定着するための必須な要素であり、高性能のPCFCを開発した今度の研究結果は、燃料電池の研究に新たなパラダイムを示すとても大事な転換点になる。

 

参考サイト☟

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=092&aid=0002142282

2018/08/01

夏の都市のヒートアイランド、道路の舗装技術で解決

 

都市が暑くなっている。

郊外よりも都市の気温が高くなるヒートアイランドは、大気汚染の増加、都市生態系の変化、熱中症の増加、

及び熱帯夜の発生などの問題の原因となる。これに対する解決策の一つとして、道路の舗装に対する関心

が高くなり、特にヒートアイランド低減用の舗装技術が注目されている。

 

(韓国特許庁によると)道路舗装分野の出願中、ヒートアイランド低減に関する出願が占める比率が、この

10年間(2007-2016)増加している。

 

出願人としては、中小企業と個人の出願がそれぞれ50.7%と40%であるのに対して、政府や研究所などの

出願が8.6%で割と低い。

 

なお、主要技術としては、貯水性及び保水性の舗装が50.4%、遮熱性の舗装が33.9%でほとんどの出願を

占め、植生ブロックのようなその他の舗装が15.7%を占めている。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d678b2c365214f43b6a2ddacd97203e8af.www2?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17043

2018/08/01

環境に優しい水素電気車の特許出願、活発

 

水素電気車は汚染物の排出が少なく環境に優しい車として評価されており、未来型車として期待されている。

 

(韓国特許庁によると)水素電気車の核心部品である燃料電池スタックに関する特許出願が、この10年、年

平均180件ぐらいで出願されている。

 

水素電気車の核心部品である「燃料電池スタック」に対して、現代自動車は、2008年から17年間、計1,317

件の特許出願を出し、水素電気車に対する技術開発を一番活発に行っている。

 

外国メーカーとしては、トヨタ自動車が同じく17年間燃料電池スタックに対して、韓国内で計380件の特許

出願をしている。

 

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d55b2400406f504ae5a2dedcb5fe0b62f9.www?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17017

2018/07/31

DNA矯正技術及びその応用分野の特許出願増加

 

遺伝子編集とは、遺伝体の特定の位置で、自由自在にDNA構造を変化させる技術の総称で、人工DNA

切断酵素である「遺伝子ハサミ(Genetic Scissors)」は、その代表的な技術である。

 

韓国特許庁によると、動植物遺伝体矯正関連出願が、2008年以降大きく増加し、この10年間では15

増え、最近3年間の出願件数は、その前の3年間に比べて78%も増加している。

 

遺伝子編集技術は、第4次産業革命の時代のバイオ分野の核心技術として、実際の疾患治療や生物

再設計に適用する方向へ変換されつつあり、今後遺伝病や難治性疾患の治療への開発が大きく期待

される。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d53113ab8245ce44039f7b888d3e6e2fae.www?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17011

2018/07/31

()セル(cell)、バイオ(bio)、ダーマ(derma)等文字を含む商標出願急増

 

バイオ関連技術への興味が増加するにつれ、最近「化粧品」産業でもバイオ風が強く吹いている。

 

化粧品分野で「バイオ」関連商標は、最近5年間(2013-20176,407件が出願され、同じ期間(2008-2012

の出願である2,484件に比べて、2.57倍程度増加している。

 

化粧品全ての出願の中、バイオ関連商標の比率もまた20135.7%、20146.6%、20156.6%、2016

7.8%、20178.3%ということで、持続的に増加している。

 

参考サイト☟

http://www.kipo.go.kr/kpo/user.tdf;jsessionid=9863ca6b30d69154ef45eccf4771b7e0898c2fc29a08.www2?a=user.news.press1.BoardApp&board_id=press&cp=1&pg=1&npp=10&catmenu=m03_05_01&sdate=&edate=&searchKey=&searchVal=&bunryu=&st=&c=1003&seq=17012

 

 

萬聲学館の業務体制

萬聲学館の業務体制 萬:リーズナブルな価格の特許翻訳と、 独自の「翻訳チェックサービス」 聲:生徒が講師を選べる会話レッスン目的別・レベル別の講座が充実 館:日・中・韓を中心に、アジアの国際文化交流のお手伝い。 学:御社の海外事業をサポート業務代行と優秀な現地通訳の派遣


 
BSGK萬聲学館
業務内容
  • 翻訳
  • 特許翻訳
  • 特許調査
  • 教室:中国語、韓国語、日本語、英語
本社所在地
〒167-0022  東京都杉並区下井草3-29-10
TEL 03-6915-0327  FAX 03-6915-0329